兵庫県初の私立4年制看護大学。淡路島に位置し、神戸・明石からのアクセスが便利。看護の心と技術を伝えます。

関西看護医療大学

HOME大学院案内 > 母性看護・助産学分野

母性看護・助産学分野

地域や施設で、女性のライフサイクル全般にわたる課題について分析し、支援を構築する。

「母性看護・助産学分野」は、母性看護学・助産学を中核として、周産期医学、生殖科学における最新の知見も踏まえながら、女性とその家族への援助を学ぶ領域です。そのために、ライフサイクルを通して性と生殖に関連する健康についての理論を用い、女性のセルフケア能力・自己決定能力を支援する方法を教授します。
高度実践看護職養成コースでは、まず、正常な妊娠・分娩・産褥・新生児に対応するためのアセスメント能力および助産技術について教授します。さらに、ハイリスク妊娠・分娩・産褥・新生児・乳幼児の心身の現象や状況に対応する支援技術も教授します。また、施設における助産部門の統括管理や、助産所の開設・経営を目標として、母子保健システムの体系化や、助産所などの経営管理について教授します。
教育者・研究者コースでは、母性看護・助産学に関わる理論や概念を開発する能力、施設や地域での母子保健システムの体系化、教育実践の改善・改革に向けた教育モデルの構築を目指して教授します。

養成する人材像

高度実践看護職養成コース

母性看護・助産学の領域において、高度な実践能力をそなえ、看護の質の向上、実践体制の改善や改革に向けて指導的役割を果たす人材

教育者・研究者養成コース

母性看護・助産学についての理論や概念を開発できる人材/母性看護の質を高めるための教育・研究に携わる人材

各コースの履修内容

高度実践看護職養成コース

目標とするのは、看護および助産実践の改善や改革、質の向上において指導的役割を果たす看護職。そのため、初めは研究に必要な科目や、実践を支える理論に関する科目を履修します。また、母性看護・助産学の領域において、対象者の病態生理学的な変化を判断する知識と技術を修得。さらにコンサルテーションを実践するための理論を幅広く身につけます。また、修士論文を作成するために保健統計学を履修します。そのうえで、対象者の理解やその援助の中での課題を明らかにするための研究能力と、対象者の環境を改善するための政策を立てて実行する能力を身につけるための科目を履修し、修士論文を作成。さらに、助産師免許取得のために必要な科目も履修します。

教育者・研究者養成コース

母性看護・助産学に関わる理論や概念を開発する能力、さらに母性看護・助産学の質を高めるための教育・開発にかかわる能力を養成。教育・研究に必要な倫理学をはじめ、看護に関わる理論や看護教育に関する科目を幅広く履修します。また、対象者を包括的にとらえ、分析し、看護に有用な理論やケアを開発するための研究能力を養うため、教育・研究・実践の専門応力を身につける科目も履修。さらに、教育実践の改善・改革に向けた教育モデルや組織モデルの構築を目指して、修士論文を作成します。

このページのトップへ