兵庫県初の私立4年制看護大学。淡路島に位置し、神戸・明石からのアクセスが便利。看護の心と技術を伝えます。

関西看護医療大学

HOME大学案内 > 建学の精神

建学の精神

一隅を照らす

責任感を持って誠心誠意を尽くす。「看護」「医療」という一隅を、立派に照らす看護師を育成したい。

「一隅を照らす」。学内の石碑にも刻まれているこの言葉は、私たちが掲げる建学の精神です。「一隅」とは、私たち一人ひとりに与えられた持ち場、つまり職業のこと。「一隅を照らす」とはつまり、みずからの持ち場を最高のものと信じて、責任感を持ち、喜びを感じながら、誠心誠意を尽くしていく姿勢を表しています。
関西看護医療大学は、淡路島唯一の4年制大学です。淡路市をはじめとする地域や市民の方々から、大きな期待が寄せられています。そうしたなかで、本学教員による市民講座や、外部講師を招き医療や看護をテーマにした講演会を開催するなど、地域における大学の役割を高める努力を重ねてきました。自治体のお祭りや大学の文化祭では、学生達と市民の方々が一緒に楽しむ姿が見られ、とても嬉しく思っています。
超高齢化社会に向かうわが国にとって、看護や医療は今後ますます重要な一隅となります。看護師という仕事を選んだあなたは、その決断と喜びに誇りを持ち、使命感を持って努力を続けてください。「一隅」を立派に照らす看護師を育み、一人でも多くの救世主を社会へと送り出していきたいと願っています。

理事長 徳永洋一

このページのトップへ