兵庫県初の私立4年制看護大学。淡路島に位置し、神戸・明石からのアクセスが便利。看護の心と技術を伝えます。

関西看護医療大学

HOME大学案内 > ご挨拶

ご挨拶

学長 江川隆子 TAKAKO EGAWA

自治医科大学、大阪大学保健学科、京都大学人間健康科学専攻で24年間、学部、修士および博士課程の教育・研究に携わる。2010年4月より現職。専門は生活習慣病看護学。

自分を大切に思い、誰かを大切に思う「強い心」を一緒に磨いていきましょう。

学長 江川隆子

関西看護医療大学での4年間で皆さんに身につけてほしいのは、看護の「知」と「技」と「心」です。看護の「知」、「技」とは、「患者さんの心に寄り添う」「医療を助ける」「看護師として診断する」という3つの知識と技術。看護の「心」とは、看護師に必要な「強い心」です。看護師は人の健康や心を守っていく専門職です。心が強くなければ「誰かを大切にしたい」「この人に奉仕したい」という看護の精神を磨くことはできません。では、心を強くするにはどうすればいいのでしょうか。まず「自分を好きになる」ことだと私は思います。自分が好きであれば、人を好きになることができる。そして「この人を助けたい」という強い気持ちが自然に湧き起こってくるはずです。
こうした看護の「知」と「技」と「心」を育むために、本学では経験的学習を重視しています。学内の「看護診断研究センター」を中心に地域医療と連携し、豊富な臨床実習の場を用意。ただ実習を行うのではなく、臨床指導者が一人ひとりに寄り添い、現場での学びを今後に生かせるよう指導しています。看護師は一生涯、学び続けなければならない職業です。人に奉仕することはもちろん、自分を高めることにも喜びを見いだせる看護師に育ってほしいと思います。

このページのトップへ